リーチローカル・ジャパンなどリスティング広告会社3社を徹底比較

HOME » リーチローカル・ジャパンってどうなのか調べてみた » サービスの特徴【リーチサーチ編】

サービスの特徴【リーチサーチ編】

このページでは、リーチローカル・ジャパンが提供するオンライン広告向けサービス「リーチサーチ」について、紹介しています。

独自の技術で、広告主のメリット最大化を実現するリーチサーチ

リーチローカル・ジャパンがGoogle AdwordsやYahoo!プロモーション広告といったオンライン広告向けに提供しているサービスが「リーチサーチ」。

これはリスティング広告を運用していくなかで、自動入札管理+電話問い合わせを含むキーワード効果測定+予算最適化をワンストップで自動運用できるプラットフォームです。

なによりも今まで技術的に難しいとされていた電話問い合わせをキーポイントとした広告効果計測を、独自のノウハウにより可視化することに成功。より費用対効果の高い広告キーワードで出稿できる仕組みとなっています。

リスティング広告経由の電話を含めた効果測定や運用管理が全て自動で最適化できるサービスとして注目を集めています。

リーチサーチの4つの特徴を検証

  • 最適な出稿で、コスト効率を実現
    サーバー・電話番号・画像などを事前に設定して広告出稿できます。また広告掲載地域を指定することも可能。指定地域内の消費者をIPアドレスで特定し、消費者が検索窓に地域名のキーワードを入れなくても広告を表示させるといったこともできます。これにより無駄なクリックを防ぐことができ、効率よく検索エンジン広告が展開します。
    ちなみにリーチサーチでは、独自のリバースプロキシ技術で運用していて、リスティング広告をクリックしたユーザーは、オリジナルのWEBサイトではなく、プロキシサイトにランディング。これにより電話からの問合せも含めた計測が可能となります。
  • キーワード単価の最適化
    自動的にコスト効率のよいキーワードや検索エンジンにより予算を投下する機能があり、最も成果がだせる確率の高い表示順位をシステムが自動で判断してくれます。
  • 電話での問い合わせ結果も効果測定
    通常のインターネット広告の効果測定は、広告の表示回数やクリック回数といったもののみに限られます。リーチリサーチでは、独自のテクノロジーによって、電話による問い合わせ件数の計測を可能としました。
  • 全てはオンラインレポートで確認OK!
    インプレッションやアクセス数、電話・問い合わせフォーム・電子メールといったレポートをひとつの管理画面で確認できます。こうしたWebイベントのみならず、トラッキングした通話件数や通話内容の録音・再生もできるため、マーケティング活動だけでなく、顧客対応の向上も同時に行なえます。
 
リスティング男子のまとめサイト【リーチローカル・ジャパンなど調査】