リーチローカル・ジャパンなどリスティング広告会社3社を徹底比較

HOME » リーチローカル・ジャパンってどうなのか調べてみた » 【番外】口コミから効果を検証

【番外】口コミから効果を検証

このページでは、リーチローカル・ジャパンのリスティング広告サービスの効果について検証しています。

リーチローカル・ジャパン活用の効果は?

リーチローカル・ジャパンが提供しているリスティング広告プラットフォーム「リーチサーチ」を導入して、成果をあげた体験談をまとめました。具体的な数値の変化もできる限り調べて掲載していますので、参考にしてください。

[事例1 保管・梱包・運送業]

リーチサーチを導入後1年半で問い合わせだけで256件ありました。内訳は230件が電話、メールが35件です。そのなかから約20件が成約へと至りました。新規開拓で仮に営業マンを雇った場合を考えてみても、この数字は優秀だと思っています。電話問い合わせを増やすことを重視したネット広告サービスという点が、ウチにはぴったりだと感じました。

[事例2 矯正歯科]

医院への問い合わせ数が明らかに右肩上がりになりました。当初は15~20人前後だった初診の数が今では40~50 人へと伸びました。雑誌に出稿したこともありますが、正直効果のほどがわからなかった。その点インターネット広告は投入した費用と効果の因果関係がわかる点が良いですね。
顧客からの電話内容を録音して後から聞き返せる機能も、接客品質向上のために役立てています。

[事例3 便利屋]

リーチサーチを利用したことで問合せが増え、導入前と比べて売上が3倍に。また以前よりも法人顧客の割合が増えました。前は毎日3時間くらいはリスティング広告の設定に時間を掛けており疲れ切っておりました。今ではリーチローカル・ジャパンのインターネット・マーケティング・コンサルタントのアドバイスのおかげで、Webマーケティングのサポートに頼り切っています。

[事例4 葬儀屋]

この仕事の最終的な問い合わせは、ほぼ全てが電話になります。ですから電話問い合わせの費用対効果が計測できるリーチローカル・ジャパンのネット広告は有効性が高いと感じております。
なによりも数字が明確。ネット広告をやった結果、何のキーワードで、何人がクリックして、それがいくつの問合せをもたらしているのか、それらの数字は管理画面を見れば正確に分かるため、計画性をもって広告出稿ができる点が良いですね。

 
リスティング男子のまとめサイト【リーチローカル・ジャパンなど調査】