リーチローカル・ジャパンなどリスティング広告会社3社を徹底比較

HOME » リスティング広告代行の口コミ体験談まとめ » 弁護士事務所

弁護士事務所

このページでは、とある弁護士事務所がリスティング広告代行を利用した体験談を紹介しています。

電話の件数をカウントしたい

弁護士事務所でのインターネット広告の多くが、過払い金請求や債務整理の案内になります。ウチでも過払い金の返還訴訟の広告をネットの検索連動広告によって周知を図っています。導入して4ヶ月で、数十件の問い合わせを頂いております。

過払い金請求や債務整理についての相談は、ほぼ電話でのコンタクト。従来のインターネット広告では、その広告を見てやってくる問い合わせ数はカウントできても、実際の電話の数はわかりませんでした。だから費用対効果を考える上で元となる数字がはっきりとせず、こんなものかと諦めておりました。

費用対効果が明確に

リーチローカル・ジャパンのサービスを偶然知り、こうした懸念を相談してみると、「電話の件数もカウントできる」とのこと。またキーワードの選定は、実際の広告反応の結果の統計を取りながらプログラムが決定し、実行していくと説明され、導入を決意しました。

ネット広告経由での電話の数がわかるので、費用対効果の計算が明確になった点が評価できます。

さらに今までは何となくYahooにばかり広告出稿していましたが、データを追っていくとGoogle経由で問い合わせしてくる方が多かった。これはリーチローカル・ジャパンのサービスを導入したことで気づかされました。

リスティング男子の所感

ともするとキーワード選定などは、どうしても勘に頼ってしまいがちです。これでは広告出稿に対しての投資効率を測れませんので、マーケティングになりません。

その点リーチローカル・ジャパンは、プログラムによって純粋なデータを元に自動判断してくれる訳ですから、信憑性があります。

インターネット広告経由で問い合わせをしてきた人がどれくらいいるのか、正直わからず効果のほどを図りあぐねている人が世の中にはまだまだ大勢います。でも、リーチローカル・ジャパンのサービスならば、自信をもってリスティング広告を使い続けていけるのではないでしょうか。

リスティング広告代行3社のサービスを比較

 
リスティング男子のまとめサイト【リーチローカル・ジャパンなど調査】